事業継続力強化計画に係る認定について

新型コロナウィルスや様々な感染症、
自然災害に備えるための事業継続力強化

株式会社アップリーチは、「事業継続力強化計画認定制度」において基準をクリアし、
2021年5月経済産業大臣より「事業継続力強化計画」の認定を受けました。

事業継続力強化計画とは

自然災害が起こったときに被害を最小化し、事業の回復をいち早く行えるよう事前に計画を立てることです。

企業としての機能をいち早く回復し、従業員はもとより、その家族が安心できるように取組むことが重要です。

また、関連会社を含め、顧客へ安全の提供、二次災害の減災、業務回復を図る事による地域の雇用確保、地域貢献や地域との共生等、企業の社会的責任を果たすことに繋がります。

認定制度の背景

2019年に通常国会で成立した「中小企業強靭化法」に基づいたもので、防災・減災対策を計画した企業に対して国が認定する制度として創設しています。

中小企業庁:事業継続力強化計画ページへ

計画の項目

具体的な計画内容は以下の項目があります。

  • ハザードマップ等を活用した自然災害リスクの確認方法
  • 安否確認や避難の実施方法など、発災時の初動対応の手順
  • 人員確保、建物・設備の保護、資金繰り対策、情報保護に向けた具体的な事前対策
  • 訓練の実施や計画の見直しなど、事業継続力強化の実行性を確保するための取組 等

事業継続力強化計画認定書

このページのトップへ