SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
株式会社アップリーチは、以下の通り、SDGsの達成に向けて貢献していきます。

SDGsで拓く!アップリーチの未来戦略

すべての人に健康と福祉を
  • 毎年の健康診断、インフルエンザ接種など、社員全員の健康増進や快適な職場づくりを目指しています。
  • 子どもたちの幸福度と親達の働き方は直結します。リモートワークの増進など働き方改革を進めています。会社からの福利厚生を手厚くし、当社に働く社員たちの家族が一番幸せと感じる職場にして行きます。
  • 小中学生のスポーツ支援にも積極的に取り組んでいます。地元の子どもたちが世界に通じる選手に成長するように、奉仕とスポンサードの両面で支援しております。
質の高い教育をみんなに
  • 専門的な研修を徹底し、一人一人の資質向上、将来的な人生設計の目標達成における手助けを行います。
  • 社員に対して継続的な教育機会を提供し、その成⻑を支援します。
  • 社員が希望する資格取得の費用負担などサポートを行い、技術のスキルアップを支援します。
働きがいも経済成長も
  • 技術と知識を備えた高齢人材を再雇用することで、後進の技能向上に努め、事業の基盤づくりを徹底します。
  • 新しい若手社員を雇用し、社内教育の徹底により個人のやる気や資質を向上させお客様のニーズに対応していきます。
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)促進を実践し、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させお客様の経済生産性向上に貢献します。
このページのトップへ