こんにちは。2歳児の新米パパです。
巷で見聞きした初めて知ったことを独自の偏見をもってお伝えしていきます。
第一弾ですが、「ゴールデンエイジ」についてです。

ゴールデンエイジとは?

子供の運動能力に強く影響する時期であることを言います。
ゴールデンエイジとは?

プレゴールデンエイジ:3歳~8歳

運動神経に関して5歳までに8割近く成長すると言われています。
そのため、この5歳までの子供への運動神経の働きかけが非常に重要になってきます。

ゴールデンエイジ:9歳~12歳

プレで8割まで育ち、残り2割がこの期間に育ちます。
この期間はどんなスポーツでも習得しやすい時期とのことです。

スポーツの重要性(超偏見)

titanium-mobile-logo

もちろん体の健康維持という点もありますが、
私的に一番は自分に自信が持てる特技を子供の頃に持ってほしいという願望があります。
特技がない子は学校のヒエラルキーの荒波を乗り切ることが難しく、
良い環境に巡り合う可能性を低くしてしまうのではないか、そう感じる今日この頃です。
特にスポーツはこのヒエラルキーの上位に組み込む可能性が高い要素を持っています。
ぜひ自分の特技の一つとしてスポーツを身につけてほしいのです。

どのようにプレ/ゴールデンエイジ期間を過ごすか

体を動かす楽しさを体験させる

titanium-mobile-logo

プレゴールデンエイジの前半についてはとにかく体を動かす体験をさせます。
ジャングルジムや砂場遊び、追いかけっこ、滑り台、階段、音楽に合わせて体を動かす等、
何でも良いので子供が楽しいと思うことを体力が続く限り、全力で一緒に体験します。
ここで大事なのは大人も楽しむこと。子供は大人が思っているよりずっと状況を理解しており、
楽しんだふりはすぐにバレます。辛いかもしれない。それが育児です。
お互いに楽しめば、親子の絆もさらに深まることは間違いないでしょう。目指せアニマル浜〇!

スポーツ競技をやらせてみる

titanium-mobile-logo

サッカー、野球、水泳、テニス等、お金と時間が許す限り、様々なスポーツを体験させたいですね。
ここでどのスポーツも当てはまらなく、スポーツ以外のものに興味があれば
この時点で私はゴールデンエイジの育児についてはきっぱり諦めます。

ちなみに私は運動神経は無い方であるため、一緒にスポーツは厳しいのでお金で解決します。
宣伝になりますが、実は私はお金を持っています。それは成長著しい弊社で勤務しているためです。
興味がある方はぜひ。
アップリーチ採用ページ

スポーツ競技を絞る

様々なスポーツを体験させ、得意なスポーツの傾向が見えてきたはずです。
もうここまでくれば、そのスポーツ競技は特技と言えるでしょう。将来履歴書に書けます。
特技がはっきりすれば自分が歩む道も付き合う仲間も明確になり、自信につながり、
生き生きとした人生を歩むことができます。
そんな人生前向きなポジティブ人間はヒエラルキー下位にもなりませんし、
ヒエラルキーなんて気にしないキラキラの学生生活を送ることができるでしょう。

titanium-mobile-logo

後記

ゴールデンエイジを調べているうちに子供がプロスポーツ選手になり、
私が子育てのインタビューをされている所まで想像できました。
サインの練習をするかどうか迷っています。育児って楽しいですね!