インド独自の文化:習慣とインドの伝統

こんにちは!システムエンジニアのアショクです。

インドの文化と伝統は、今や世界中で有名になっています。 私たちは皆、インドの習慣や伝統を非常に多様でユニークなものと呼んでいます。 しかし、なぜ物事が特定の方法で行われるのかについて考えることはめったにありません。

インドの文化は、インド出身でない人から見ると興味をそそられるかもしれないいくつかのユニークな習慣や伝統に満ちています。 これらのほとんどは、何千年もの間インドでの生活様式を規定してきた古代インドの経典やテキストに由来しています。

 

14種類の魅惑的なインドの文化、伝統、習慣の中から今回の記事では最初の5つをご紹介します。

  • ご挨拶
  • 言語
  • 宗教的なシンボル
  • 叙事詩と神話
  • 宗教的な習慣 – 断食
  • インドのお祭り
  • 建築
  • 武道
  • 家族構成
  • 結婚
  • 伝統的な服
  • 料理と食べ物
  • 手で食べる
  • インド舞踊

 

ご挨拶

ナマステは最も人気のあるインドの習慣の1つであり、もはやインドの領土に限定されていません。さまざまな場面でそれを行っているバラク・オバマがいます。または、国連事務総長の潘基文が、最初の国際ヨガの日にニューヨークのタイムズスクエアでナマステでみんなに挨拶しました。

しかし、その意義は何ですか?

ナマステ、またはナマスカラムは、古代ヒンドゥー教の経典であるヴェーダで言及されている伝統的な挨拶の5つの形式の1つです。それは「お辞儀をする」という意味で、胸の前に折りたたまれた手のひらで示されるように、「私たちの心が出会うように」という言い方です。ナマハという言葉は、「ナマ」(私のものではない)と翻訳することもできます。これは、他の人の存在下で自分のエゴが減少することを意味します。

 

言語

言語

インドは社会的、文化的、言語的に非常に多様です。ヒンディー語と英語は、インドの公用語として広く話されています。タミル語は世界上の全言語の母と言われます。それ以外に、インド憲法で認められている22の指定言語があります。しかし、インドの400以上の言語と方言はまだ知られていません。州内を数キロ移動しても方言は変わります。何年にもわたって、生き残った話者がほとんどいないため、約190の言語が絶滅の危機に瀕しています。

 

宗教的なシンボル

インドの伝統と経典には、複数の意味を持つさまざまな標識や記号が含まれています。たとえば、インドの文脈でのスワスティカの使用法は、アドルフヒトラーやナチズムを指していません。それは、障害物の除去者であるガネーシャ卿の象徴です。スワスティカの腕にはさまざまな意味があります。それらは、4つのヴェーダ、4つの星座、または人間の追求の4つの主要な目的を意味します。

 

叙事詩と神話

インド文学は、詩、演劇、物語、さらには自助ガイドの形で書かれた素晴らしい叙事詩にまでさかのぼることができます。最も有名なヒンドゥー教の叙事詩は2つあります。

Ved Vyasa(聖仙ヴィヤーサ)によるマハーバーラタは、サンスクリット語で書かれた最長の詩です。これらの叙事詩は両方とも、犠牲、忠誠、献身、真実の人間的価値を強調するために書かれています。両方の物語の道徳は、悪に対する善の勝利を意味します。

 

宗教的な習慣 – 断食

断食はヒンドゥー教の文化の不可欠な部分です。断食またはVrats(ヴラッツ)またはUpvas(アップヴァス)は、あなたの誠実さと決意を表す方法、または神々と女神への感謝の気持ちを表す方法です。インドの全国民は、さまざまな宗教的な行事の間に断食を行います。一部の人々はまた、その特定の日に関連付けられている特定の神または女神を支持して、日によっては早い時間から断食を行います。断食は、それまでに犯した罪を清めるために自分を罰している行動であると広く信じられています。

ラピッドの規制は、特定の機会に応じています。断食の起源は、犠牲の火を燃やすというヴェーダの儀式に由来します。Upvas(アップヴァス)という言葉は断食と火の燃える犠牲の両方を表すために使用されているので、人々は毎日の犠牲を行うために家に保管されている家庭の火を燃やしたり再燃させたりするときに断食を観察したと考えられます。

 

今回紹介した中で知っていた伝統や文化はありましたか?残り部分もぜひ知ってもらいたいので、次回の記事で紹介しようと思います。

アップリーチの仲間を募集しています

アップリーチで働きませんか?

受注急増と業務拡大につき、システムエンジニア、Webディレクター、フロントエンドエンジニア、デザイナーを随時募集中!やってみたいを尊重し、仕事への挑戦を積極的に支援する社風です。スピード感あふれる業務を通して一緒に成長しませんか?
我こそはと思われる方のご応募を心よりお待ちしております。