手帳部記事No.2

こんにちは! 手帳部所属、デザイナーのかんみです。
みなさんお元気ですか? そして、2022年の手帳はもうお決まりですか?
私は中学生の頃から手帳を使い続けていて、かれこれ20年以上の手帳歴になります。さまざまな手帳を渡り歩いたのち、「ほぼ日手帳」に惚れ込んでここ数年使い続けていましたが・・・

私は今年、浮気をします!

わたしの手帳はこちら

長年連れ添った「ほぼ日手帳」さんとサヨナラし、選んだのは「STALOGのエディターズシリーズ365デイズノート」。

2022年の手帳

時刻を表す数字、日付と曜日、そしてグリッドという最低限の要素だけを載せたシンプルなノートなので、使う人の多彩な365日を受けとめます。(サイトより引用)

多彩な毎日を受け止める! なんて素敵なひびき!
私の使い方と合いそうだったので、思い切って選んでみました。
カレンダーページがなく、ノートに近い状態なので、より自由度が上がる感じがしますね。ワクワクドキドキ。好きな落語家さんの写真とか貼っちゃおうかな

なんで手書きの手帳なの?ITなのに?

実はデジタルと併用して使っています。でも紙の手帳がメインにしている訳は・・・

手書きが好きだから

「えー! ITと全然関係ないじゃん!」なんて声が聞こえそうですね。
でも「好きこそ物の上手なれ」のことわざ通り、好きだからこそ工夫をするし、チャレンジする。その結果、日々のマルチタスクをクリアする、新しいアイディアを出すために、私にとって手帳は『頼れる相棒』なんです。

こんな感じで使っています!

弊社のようなベンチャー企業に勤めていると、自分で物事を考えて、ガンガン進めていくことが求められる場面が多くあります。いつも整理整頓をしないと、自分の考えを発表できません。
まとめるのにおすすめな方法は、グラレコです! 
グラレコとは、その名の通り「絵(Graphic)」で「リアルタイムに記録する(Recording)」こと。情報をその場で可視化するので、すごく頭がスッキリします。

手帳の中身

このグラレコが、PCツールだとなかなか難しい。絵と文字をサクサク殴り書きするには、やはり手帳が一番です。(でも画像としてはぐちゃぐちゃで映えないですね)
ですが、控えめに言って、手帳は自分の能力を発揮するための最高のツールだと思っています!
使い方としては、

1日1ページ(くらい)を活用し、「整理整頓」

2021年手帳の反省点、2022年手帳でしたいこと

ほぼ日手帳は至れり尽くせり型です。私は手帳で細かいスケジュール管理をしないため、1週間のバーチカルページは未記入のまま1年間が終わりました。色々書いてある毎日のコラムも読んだり読まなかったり。もったいなかったなぁ・・・

反省点

  • 使わなかったページが多かった
  • 立てた目標に対して、きちんと振り返りをしていなかった
  • 殴り書きのメモ中心で、手帳デコをしなかった

もう大人なので、そろそろ字をキレイにしないとですね
あとは突っ走るだけじゃなくて、たまには立ち止まって、目標の軌道修正をしてみます!

2022年手帳でしたいこと

  • もう少し字をキレイに書く
  • 立てた目標を、月毎に振り返りする

目標を義務にせず、あくまでも「楽しく使う」をモットーに。楽しいとクリエイティブ脳がより働くみたいなので、ワクワクを積み上げっていこうっと!

2022年の手帳風景

2022年の目標

整理整頓の次は、楽しくデコる方面に注力して、真面目にデザイン力アップをしたいと思います!

自分流に手帳をカスタマイズして、デザインの質を向上させる!アイディア力をアップさせる!

次は映像クリエーターのぐっさん、よろしくお願いします〜

手帳部の活動については、【手帳部】紙の手帳で仕事効率アップ??~デビューの巻~を読んでみてください!