NOTE

創る人達の覚書

ChatGPTはトランスフォーマー(Transformer)と呼ばれる機械学習モデルに基づき、自己注意機構(Self-Attention Mechanism)を利用して、文脈を理解しながら入力データを処理して適切な応答を生成する。事前学習(Pre-training)、ファインチューニング(Fine-tuning)、トークン化(Tokenization)、生成(Generation)を用いて…

手帳といえば、日々の記録やスケジュール管理を思い浮かべますが、それだけじゃない、おしゃれで可愛い手帳に変身させる活用術をフカボリしてみたいと思います。「イラストが描ければな〜」イラストが描けなくても大丈夫!デザインペーパーやシール、マスキングテープ、スタンプ・・・あらゆる素材を組み合わせることで手軽に楽しめ、多くの人が夢中になっているコラージュとはどんなものでしょうか。コラージュと

タイトルの通りですが、さまざまな書類データをサイズを変えて印刷したいことって結構あります。A4のハビットトラッカーテンプレートをシステム手帳サイズでプリントアウトしたい。また、A4の源泉徴収票データをA5でプリントアウトしたい。などなどが直近でありましたので、いつものように備忘録としてエントリーします。for Macです!用紙サイズの変更Macの印刷ダイアログを開き「ページ設定」を確認

社労士や税理士などの士業とのやり取りでは、よくOffice系ツールを使います。ExcelやWordも奥が深いですね〜使いこなすにはかなりのスキルが必要かと。特にMacユーザだと、仕様が若干違う場合が多いため困難を極めます。今回はバックオフィサーでのエントリーです。目次を作る長い文章や見出しが多い場合は、目次があると読みやすく親切です。Wordの目次作成は、ネット上にたくさんのチ

Adobe Fireflyは、「生成塗りつぶし」「テキストから画像生成」「生成再配色」「テキスト効果」など最新かつ多数のGenerative AIを利用できるサービスです。大きな特徴の1つに著作権問題をクリアしていることが挙げられます。著作権侵害の恐れがないデータのみをAIの学習に用いるなど、商用利用にも対応しているためどんどん利用していきたいですが、気になるのが料金ですね〜無料?有料?し

WordPressの開発ではMAMPは欠かせません。しかし、バージョンアップが面倒くさいため長い間バージョン5.5を使い続けておりました(汗)まぁ昔ほど手間なくアップデート出来るようになったのですが、それでも色々と確認箇所があり、ついつい古いままになってしまいます。MAMPバージョン6.8に!もうPHPもバージョン8の時代ですし、ちょっと前にMAMPのバージョンを6.6にしました。思っ

メールソフトは様々あり、好みもいろいろかと。OSに左右されるところもあるかと思います。Thunderbirdはデータ移行が簡単なので愛用しております。でもでも、時々おかしなことが発生します。受信しているはずなのに受信トレイにメールが入ってこない?または表示されない?こんな状況になった時、最初はあたふたしますが対応はとてもカンタン!受信フォルダの修復受信している筈のメールが表示さ

Photoshop2024のAIは機能がたくさんあり過ぎて、どれをどんなシチュエーションで活かしていくべきかアタマが混乱しますが、日頃の作業で役立ちそうなものから積極的に使っていきたいと思います。まずは代表格として「生成塗りつぶし(Generative Fill)」「生成拡張(Generative Expand)」からですかね〜ニューラルフィルターもすごいんですが、またおいおいNOTEにま

WordPressでは404を返されるケースが多々ありますが、その度にヒヤヒヤしますね〜いったい何が原因なのか?いつからこの現象なのか?疑問符が頭の中を駆け巡りますが、結局は1つ1つ根気よく潰していく方法しかありません。己との戦いを少しでも軽減するためここに備忘録を残しますが、いつも決して諦めないことがコツかなと思っています。404を返す原因として思しきことディレクトリの変更W

Font Awesome 6がリリースされたのが2022年2月だそうです。結構前ですね〜(汗)いまさらですがバージョン6でどこが変わったのか改めてFont AwesomeのDocumentsを見てみました。私たちがよく利用する方法としては、CSSの疑似要素でアイコン表示をしますので主にその周辺を備忘録として。fontプロパティを使った記述方法バージョン6では、CSS擬似要素でアイコ

TOP